もう今後、小児ぜんそくのお子様のことで悩む必要はありませんよ。




※後半に私からの動画メッセージがございますので是非ご覧下さい。


こんにちは。
小児ぜんそく改善の実践プログラムコーチ兼、現役で鍼灸師をしております砂塚誠治と申します。

 突然ですがあなたは今、お子様の喘息のことで
   大きな悩みを抱えていませんか?

 もしくは「子供の呼吸音」など周りからいわれて
   大きなストレスを抱えていんか?

たぶんお子様の喘息に悩んでいるあなたは、
今まで一度くらいは喘息を改善しようと試みた経験があるかと思います。

でも多くの場合は、間違った改善方法を実施したり、すぐに効果が出ずに諦めるのが現状だと思うのです。

そして、お医者さんから処方される呼吸困難を緩和する薬を使用することになります。

症状が強いときは副腎皮質ステロイド薬を使うようになります。
しかし呼吸器科、耳鼻科のお医者さんたちはよく知っているのです長年使用すると将来、心筋梗塞、狭心症、高血圧、脳梗塞、耳鳴り、神経痛等の原因となることを・・・

脅しているのではありません、
お医者さんはそれしか手がないのです。
まだ幼いあなたのお子さんをそのリスクから救ってあげませんか?


喘息を抱えたまま大人になり喘息で障害者手帳を持つまでになった人を治療した経験も私にはあります。
私がみてきたお父さんやお母さんも、あなたと全く同じ状況だったのでこのことは胸が痛むほど本当によく解るのです。

ですがもしここに、

お子様の3つの行動を考えてあげるだけで喘息を正しく理解し、改善していく方法があるとしたら、あなたも試してみたいとおもいませんか?

それも

いつ発作が出るかわからない喘息で悩み、苦しみ、いつも救急車を呼ぶタイミングを考えていたお母さんが「小児喘息を改善する実践プログラム」で実際に喘息を克服し、現在は子供さんと明るく幸せな生活を送っているとしたら、

あなたも試してみたいと思いませんか?

今からこの手紙を通して、あなたに
そのお母さんの人生を救った「小児喘息を改善する実践プログラム」のすべてをお話させていただきます。

このお母さんと同じように、小児喘息で悩む一人でも多くの方に活用していただき、幸せな人生を歩みはじめてくれれば、わたしにとってそれ以上の喜びはありません。

それでは早速、あなたに小児喘息を改善する実践プログラムのすべてをお話させていただきたいのですが、その話をする前にまずは小児喘息で夫婦の危機そして自殺まで考えていた喘息のお子さんをもつ加藤奈緒子さんが立ち直るまでの経緯を少しだけお話させていただければとおもいます。



私が加藤奈緒子さんにお会いしたのは、今から2年前になります。

奈緒子さんは、当時20台前半ぐらいで、高校からお付き合いをしているご主人と若くして結婚され、二人は幸せな結婚生活を送っていたと聞きました。

結婚してから1年後に奈緒子さんは妊娠をしました。

それは2人にとって始めてのお子さんになり、ご主人は妊娠の話を奈緒子さんから聞いたときには飛び跳ねるように大喜びしたそうです。

旅行会社の営業をしていたご主人は生まれてくる子供のためにと、いままで以上に仕事に励むようになり毎日残業をこなして頑張っていたそうです。

ご主人は仕事から帰ってきてからも、洗濯や家事を進んで手伝ってあげたり、初めての妊娠で不安になりがちな奥さんの話しを聞いてあげたり、献身的に奈緒子さんを気遣ってあげていたそうです。その時のことを奈緒子さんは今でも感謝していると嬉しそうに話してくれました。

奈緒子さん自身、初めての妊娠ということで不安はあったそうですが、不安よりも期待や喜びの方が大きく様々な育児書を買ってきては勉強し、育児について友人や親戚にも話を聞いて希望と夢を膨らませていたのでした。

そんな幸せのなか、奈緒子さんは予定よりも少し早かったのですが無事に元気な男の子を出産しました。

名前は“大地“と名ずけました。
それはまさに読んで字のごとく大地に根を張る人間に育って欲しい、という親の願いをそのまま表している名前でした。

ご夫婦のご両親も始めてのお孫さんだったのでそれは大変な喜びようだったと聞いています。

優しいご両親がいて、仕事と家事にもがんばって協力してくれる優しい夫、そして愛しいわが子。


奈緒子さんはまさに幸せの絶頂にいました。そう、この時までは・・・。


大地くんが、一歳の誕生日をすぎたころから夜になると咳き込むようになり、

心配で病院にいくと「喘息っぽい胸の音ですね」。とか「喘息様気管支炎です」とか、はっきりしない答えが返ってくるだけだったそうです。

でも、苦しんでる大地くんが、かわいそうで付きっ切りで世話していると、夫の両親は「あまり神経質にかんがえないで」、「そうして子供は抵抗力を付けて育つのよ」と言ってくれましたが、彼女の不安と心配は拭えなかったそうです。

大地くんの症状は良くなったり悪くなったり、
ご主人も手伝ってはくれるのですが、大地くんは具合が悪くなるとママ、ママと言って奈緒子さんからから離れませんので、ご主人も「こういう時には男親はダメだな」と言って、そのうち昼間の仕事の疲れで寝てしまい奈緒子さんは一人で夜明けを迎えることが多くなり、睡眠不足でノイローゼ気味になったそうです。



最初の診察から5ヵ月後の診察で先生から言われた言葉でした。

そして喘息は大きくなったら良くなるから心配しないで下さいねと言われて、
薬で喘息をコントロールすることが必要で薬の名前も教えてもらい救急のときの処置の仕方等の説明をうけましたが奈緒子さんは少しショックで先生が何を言っているのか理解できませんでした。

理解できたのはその3日後、大地くんは夜いつものように咳はしていましたが、
そんなにひどくないので寝はじめたとき大地くんが「ヒューヒュー」「ゼコゼコ」しだし、そのうち胸のあたりが「ペコペコ」し始めあまりに苦しそうなので、この子が死んじゃうとパニックになったそうです。

夜中の救急外来に急いで行ったら先生から
「お母さん何やってるんですかお子さん死んじゃいますよ。」
と怒られ、親としての恥ずかしさと大地くんに申し訳なくて体がふるえたそうです。

そして、大地くんはその場で入院になりました。
その時は一週間の入院になり夫婦二人で暗く落ち込んだそうです。


それからというもの家族の間の歯車まで狂いだしたのです。


ある日、奈緒子さんと義母さんは大地くんのことで話しをしているうちに口論になりました。

義母さんは
大地くんが死にそうで入院したと分ってからやり場のない気持ちを抱えて不安定な状態になっていたそうです。

その気持ちがそのときに爆発し、義母さんは奈緒子さんに
「あなたの育て方が悪いから、大地が病気になったんじゃないの!」と言ったそうです。

孫への愛情からつい出てしまった言葉と奈緒子さんも理解は出来たのですが、やはりショックでそれ以上は話も出来ず、ただ涙を流し「すいませんでした・・・すいませんでした・・・」というのが精一杯でした。

それいらい、大地がコンコンしだすと
私の掃除の仕方が悪いせいで咳が出るのか、シーツの洗い方がおかしいのか、食事が悪いのか、と、いろんなことを試しました。掃除機もホコリの出ないタイプに買い替えて、乾燥機も新しいものにしたそうです。

あれほど優しかったご主人も仕事が忙しくなり、
奈緒子さんとの会話が減っていたことも追い討ちをかけて奈緒子さんを苦しめました。


その結果、奈緒子さんとご主人との間で夫婦喧嘩の回数が多くなっていきました。




大地くんは、入退院をくり返し4日5日入院すれば4万円5万円の費用がかかり、
お医者さんに予備に吸入器が必要だと言われ5万円ちかくの出費で家計は火の車になりました。

奈緒子さんも働きに出たくても大地くんが心配で出られませんし、でも現実にいつ発作をおこすか分らない大地くんに掛かるお金の問題と、夫婦間の微妙な「ずれ」が奈緒子さんを苦しめました。

喘息の発作は夜と早朝におきるのは知ってるはずなのにご主人は起きてくれなくなりました。

仕事で疲れているのは分るのだけど、そいうときに力強くリードして欲しいのが奈緒子さんの望みでした。


それと、義母との関係です。
奈緒子さんはもう無神経な人と会いたくないのに向こうから来ます。

でも金銭的な援助を受けているので、私達のところへ来ないでとは言えませんでした。

奈緒子さん自身の心のストレスと身体の疲労は限界でした。

大地くんが咳をしだすと「この子を産んだ自分が悪い」と自分を責めまくっていました。


もうたくさんだ!
こんな思いをするのなら「この子を殺して自分も死のう」とまで考えたそうです。



この次の日です。
奈緒子さんが私の治療院へ来たのは。

お孫さんを心配した彼女のお母さんと一緒に見えられました。
奈緒子さんは見るからに憔悴しきっていました。
大地くんを診察してもらいにきた奈緒子さんでしたが、むしろ治療が必要なのは奈緒子さんではないかというくらいに憔悴しきっていました。

私は大地くんの症状について話を聞くと同時に奈緒子さんの話も聞きました。

奈緒子さんは大地くんが生まれる前までは一般的な育児書や育児雑誌を読み、子供が生まれてくることを本当に楽しみにしていました。テレビで幸せそうな赤ちゃんと母親が写っていれば、その姿を自分自身と重ね合わせ母になる喜びに胸震わせ、ご主人と子供三人で楽しくお出かけをしたり、遊園地に行ったり、と幸せな生活を思い描いていたのです。

しかし、実際に生まれてきた子供は喘息になってしまった・・・
自分の育て方が悪いから息子を喘息にしてしまった・・・
そして家族、ご主人との関係もわだかまってしまった・・・
結果、親としての自身をなくしどうしたらよいのか分らなくなっていたのでした。

奈緒子さんは「先生、私の育て方のどこが悪かったのでしょうか・・・?
消え入りそうな声で聞いてきました。

「いいですか?喘息は病気ではありませんよ。正常な身体の生体反応(排泄・排除)で、子供の成長に必要な要素なのですが大地くんは感受性がつよくて喘息という症状をだしているだけです。」


「え・・・?病気ではない・・・」奈緒子さんが驚いて私を見ました。

私は、喘息はアレルギーであること、そしてアレルギー症状が起きる仕組みについて説明しました。
私は当然理解されている事と思っていましたが、奈緒子さんは知ってはいたけど理解はしてなかったようです。

そして、
「自律神経の副交感神経の働きが強いことによってぜん息が起きること」。
「その副交感神経の強い働きを抑制すればぜん息が改善すること」
「その抑制方法」


私の話した内容は、奈緒子さんにとって一つ一つどれも期待と勇気を与えていたようです。

それは、いままで奈緒子さんが読んでいた育児書、ぜん息の本では得られない知識や方法論ばかりだからです。

私が大地くんを治療した時間は準備をいれて3分でした。

後から聞いて分ったのですが、改善法を最初に見た奈緒子さんの印象は

「ほんとにこんなことで、今まで苦労してきたぜん息が良くなるの?」
と、半信半疑だったそうです。

しかし、奈緒子さんはまさに藁をも掴む思いで少しでも大地くんの状態がよくなればとの一心でこの方法を実践してみようと決意しましたが、個人差はありますが10日間は毎日続ける必要があることを伝えると、住まいが遠方だった為、ちいさい大地くんを連れて治療には来れないと言われました。

私に、「はい、大丈夫ですよ」。「それならお母さんがやって下さい」。
と言われた時は又びっくりしたそうです。

そして、プログラムを開始してから一週間くらいが経ったころでしょうか。

ご主人が帰ってきて大地くん顔を見て、「顔色がいいな調子がいいんだな」と言われて、そういえばきのうの夜私はぐっすり寝ていたなとおもいかえしました。それにもう夜なのにコンコンする様子もない事に奈緒子さんは気づいたそうです。確かに改善してる。




気持ちに余裕が出たことでご主人との関係も良くなり、ご主人の理解と協力も再び得られるようになり義母さんにも金銭的な援助を感謝し、すべてが見違えるほど上手くいくようになったのでした。

今、仲良く手を繋いで歩く、奈緒子さんと大地くんの姿は幸せそのものです。

でも、奈緒子さんがやったことといえば、
「良くなる」という「希望」を持ち「良くする」という「勇気を出し」一日5分、10日間、そしてわずか3つのことに注目してお子さんに接してあげたことだけなのです。


つまり・・・



よく考えてみてください。

どんな病気でも原因があってはじめて対処方がわかるように喘息に対する知識や認識を身に付けて理解すれば、ちゃんと喘息の子を改善してあげることが出来るのです。

子供さんは改善するのが早いのです。治せる時に治してあげるのが親の使命ではありませんか?

一般的に小児喘息は
「大きくならないと治らない」だとか「高額な治療院へ行かなければ治らない」「薬でコントロールするしか改善しない」というイメージがほとんどだと思うのです。これが99%の方達の考えです。

しかし私のプログラムは「家族で簡単に出来る」「お母さん一人でもできる」「高額なお金なんて必要ない」「3つのポイントを把握するだけでできる」

という、一般のイメージとはまったく逆の方法なのです。

そしてどちらが効果があるのかと言えば、私の経験結果やこの方法を実際に実践した方達の結果から言えば、明らかに後者の私のプログラムを実践した方が効果が高いのです。

その証拠として、すでにこのプログラムを実践した方々から山のように嬉しい声が届けられています。

ここで全部をご紹介したいのですが、あまりにも沢山の声がありますので、ここではそのほんの一部をご紹介させていただければと思います。
先生、こんにちは。

3週間程前に、先生の喘息改善プログラムを購入させていただいた斉藤です。

娘のことで5回メールで相談させてもらいいつも親切に返事を送ってくれてありがとうございます。

娘のようこの咳き込みが改善しています。

うそみたいです。
今2回目の10回を始めたところですが、前に頂いたアドバイスとうりに治療を止めてみます。

でも私は不安はないです。

私がやって5日目から薄紙ではなく厚紙をはぐようになったのを経験したからです。

ようこもなにか明るくなったみたいです。
これも先生の改善プログラムのおかげです。

本当にありがとうございました。


砂塚先生、
わたしは育児というものに本当に疲れていました。
毎日午前中はパートに行き、自宅に帰れば、エンドレスな家事に育児・・・休む暇もなく、毎日疲れ果てた生活を送っていました。

4歳になる子供が一年前から喘息だと解り、それからはこの子の事を考えること自体が苦痛となり、親として母としての無力感を感じていました。
主人は「薬でなんとかなるだろう」と言って子供が発作を起こすと「ちゃんと薬は飲ませているんだろうな」と私を怒ります。
私の気持ちは毎日が重かったです。

病院には通いましたが、病院に通っていても特別に症状が改善するわけでもなく薬代がかさむばかりでした。

そんな状況にあってか、子供もストレスを感じるのか、喘息は一向によくなる気配がありませんでした。
どうしたらよいものかと途方にくれている時に、インターネットで砂塚先生のページを見つけました。

最初は半信半疑でしたが、読んでいくうちに本当にそうだと涙が出ました。奈緒子さんに比べたら、私が悩んでいたことなんてちいさいと思いました。

私はプログラムを手にしてから、子供へ治療しようとすると本当に簡単な治療なのですが、子供がママの顔こわいといってやらせてくれません。私も最初は始めての事なので緊張してたのだとおもいます。そこでアドバイスを頂いて子供が寝た時にすることにしました。

その結果、少しずつではありますが子供の状態が良くなっていったんです。

なんともない子供のいる家庭では信じられないかもしれませんが本当にこんな喜びを感じられるなんて以前では考えられなかった事です。

今では普通に毎日を過ごしております。
もちろん生活改善の方も忘れません。
砂塚先生、本当にありがとうございました。そして、同じ小児喘息を持つご両親の皆さんにもぜひおすすめしたいです。


はじめまして田口ともうします。この度は本当に素晴らしいプログラムをありがとうございました。
早速ですが「小児喘息を改善する実践プログラム」の感想を送らせていただきますね。

まず正直な気持ちを申しますと「出会えて本当によかった」と心から思っています。むしろ砂塚先生に出会えていなかったら今の私の幸せな人生は無かったといっても決して過言ではないとおもいます。

それくらいにこのプログラムは私にとって衝撃的であり、また私の長男の喘息を改善してくれました。

砂塚先生のお手紙にもあるように、喘息がよくなるって本当にその子の人生も、その家族の人生も180度変わるんですね。
今では長男も学校が楽しいと言っています。テストもいい点を取って帰ってきます。今まで咳をし始めると何もする気が起きなかったそうですが集中力が出てきたようですね。
これもすべて砂塚さんの作ってくれた「小児喘息を改善する実践プログラム」のおかげです。
本当にありがとうございました。

こんな素晴らしいプログラムですから、もしこれから私の周りで小児喘息に悩む方が現れたら、すぐに砂塚さんのこのプログラムを紹介させていただきますね。是非これからも多くの小児喘息で悩む方へこのプログラムを伝えていってくださいね。

私の長男を救ってくれた砂塚さんへ感謝の気持ちを込めて。

うれしい声を送ってくれた皆様、本当にありがとうございます。

このような声を頂くたびに「小児喘息を改善する実践プログラム」を作って本当によかったと心からおもいます。

本当に本当にありがとうございました。
そして、今も続々とうれしい声が日々届いております。
その声を励みに私もこれから更にがんばっていきたいと思っています。



先ほどからお話している通り、この小児喘息改善の実践プログラムは毎日の生活の中で3つのポイントを考え接してあげることになります。

本編では、それをシンプルに説明してあります。

慣れるまでは少し考えてから行動に移してしまうかもしれませんが、
誰にでも出来る方法ですので心配しないでくださいね。

私は人の身体を診させていただいて今年で39年になります。

その間、様々な症状を診てきました。近年、本当に多いのが、喘息
アトピー性皮膚炎、花粉症等のアレルギー疾患です。

その治療法の習得に多くの時間を費やしましたが治ったり、治らなかったりの時期が続いたのですが
喘息(アレルギー)を治す画期的な方法に巡りあいました。それは井穴刺絡療法といいます。

医学博士浅見鉄男先生が考案された方法です。
先生はアレルギーは病気ではない!と。

これを読まれている方は喘息の本を最低でも1,2冊読んでいると思います。
其の中で自律神経の副交感神経が興奮することが喘息(アレルギー)の原因だと必ず書いてあります。

ストレスをなくせ(無理です)

入浴法(間違ってはいませんがいつもお風呂に入ってられません)

なんとか体操(うーん)

食事療法(これは必要です)

そしてステロイド薬の詳しい紹介(これが問題です)

最終的に喘息およびアレルギーにはステロイドしか処方されないのです。


浅見理論は明解でした。
興奮した副交感神経は下げればいいんだと。その副交感神経の興奮を下げる方法を今回公開し教えます。

私が日々の治療で感じていること、
この方法は、喘息に本当によく効くという事と、「この治療は家庭でも出来る!!」
と思うのです。

なぜなら本当に簡単に出来るからです。
通常小学校入学前のお子さんでしたら、手の指にちょこんと2箇所刺激するだけで終わりです。
2~3分で終わりです。

結果は直後に判りますよ。
楽になったと言える子もいますし、言えない子も親御さんから見ればその子の振る舞いで判ります。

そしてもう一つの理由は、
小さいお子さんにとって白衣を着た人は自分に何かをする人だと思っています。
まして知らない人では、あー嫌だと泣き出します。その泣き止む時間の方が治療時間より長いのが実情です。

そこでお母さんの登場です。
お母さんの指にやってるのをお子さんに見てもらいます。そしてお母さんがにこにこしてるのを見て安心して自分もやります。その間にお母さんにやりかたを覚えてもらっています。

それを家庭で行って貰ってます。

そうすれば、仕事があったり
ただでさえ忙しい家事と育児で時間的余裕のない方。遠方の為なんども通えない方。金銭的に厳しくて継続できない方。にも、余裕をもって家庭でお子さんの喘息を改善させてあげることが出来ますよ。


そして今では多くの方に感謝されています。


「次はあなたに感じて欲しいです」
今回、わたしが実践してきた小児喘息が改善する知られざるノウハウを紹介しています。

日本人が開発したのに日本人が知らない方法!
あなたにもお子さんの喘息を治して欲しい!
このノウハウを使って次はあなたがお子さんの喘息を改善させて下さい。



本編では、私が実際に使っているテクニックとノウハウを誰でも短時間で簡単に解るように説明してあります。
更に詳しく解りやすくする為に、解説動画を用いて説明してあります。

マニュアル内に含まれる内容の一部をご紹介させていただきましたが、実際のマニュアルには他にも多くの内容がびっしりと詰まっています。

どうぞあなたもこのマニュアルを使い、暖かく幸せな生活を送ってくださいね。

そしてこのマニュアルは、このような冊子としてあなたのお手元にお届けさせていただきます。
冊子にはDVDも同封いたします。


※画像はイメージです

(お送りする時、品名の部分には「書籍」と記載してお送りしますので、外見からは小児喘息関係の書籍とはわからないように配慮しております。)

ぜひこの小児喘息を改善する実践プログラムを使い、いち早くあなたもお子様の小児喘息を改善してくださいね。




私は長年、鍼灸師として患者さんの悩みや話を聞いてきました。
中には無駄な方法に多額の投資をしてきた方もいらっしゃいます。

その中で気づいたことがあります。

それは高額なお金を請求する人ほどあまり信用がならないということです。

もちろん中には素晴らしい方もいらっしゃると思いますが、実際に私はまだ出会ったことはありませんし、そんな人の弱みにつけこんで高額なお金を請求する商売をしている人を私はあまり信用できないというのが本音です。

なかにはかなり高額な治療法もあると聞いたことがあります。

しかし、どの治療法も結果を保証するものではないのです。
これが現実なのです。
私はこの現実がどうしても許せないのです。

そこで私があなたにこの小児喘息を改善する実践プログラムをお渡しする際に10万円ですと言っては本末転倒です。

いくら高額な治療所よりも効果が期待できて、知識や認識、治療法などがすぐに理解できる私のプログラムであっても、そんな高額なお金を請求してしまっては先ほどの高額なお金を請求する治療所と同じになってしまいます。

さて、このマニュアルの価格ですが・・・30,000円で提供させて頂きたいと思ってます。

これで、小児喘息が改善するなら決して高いとは思えないと思います。今までに使った小児喘息に関する費用、又通院する交通費、時間等を考えるならばむしろ安いとおもいます。

ですがもっと安くしたいとおもいました。
私の願いは、一人でも多く小児ぜん息を改善してもらいたいのです。
その思いでどなたでも購入して頂ける価格にしました。


そこで私は今回覚悟を決めてあなたにご提供したいと思います。

以上のことを理解して頂いて

価格は14,800円(送料・製本代・DVD)です


このプログラムを購入してしまった後には器具代の他には今後一切お金はかかりませんし、治療所と違い、毎回お金を支払う必要はまったくないのです。正直言うとこの価格はとても非常識な金額だと思います。下手をすると喘息を扱う診療所から「営業妨害だ」ということでクレームが入るかもしれません。

しかし私はやるべきだと思ったのです。

この小児喘息を改善する実践プログラムを一人でも多くの小児喘息に悩む人に伝え、小児喘息を改善してもらうことが私にとって一番大切なことだと思ったのです。

あなたにもいち早くこのプログラムを実践してもらいお子様の喘息を改善し、ストレスのない幸せな人生を歩んでもらいたいと心から願っています。

小児喘息を改善する実践プログラムはこちらから簡単にご購入いただけますので、どうぞ今すぐ活用し、ストレスのない幸せな人生を手に入れてくださいね。



さらに私を信じてくれるあなたには・・・

私、砂塚誠治が直接あなたをメールでサポートします。

しかも90日間回数無制限ですので、このプログラムの内容で解らないこと、お子様の症状のことがありましたら何でもご相談下さい。

メール治療院と思って下さい。
ただし、私も通常の診療がありその間にお返事をしますので、物理的にサポートできる人数には限りがありますので申し込み数が「100名」に達し次第このサービスは終了させて頂きます。

、今現在はまだメールサポートは可能です。



そして

様々な治療院で高額なお金を支払い全く効果がなかったという話を聞いたことがありますが、
勿論その時にお金が返ってくることはないと思います。

私はそんなことはしたくないですし、ましてやお子様の喘息に悩むあなたがお金を出すことでさらにストレスを感じてしまうなんてしてほしくありません。

だから今回あなたには全額返金保障を付けることにしました。

これは私にとって正直リスクが大きくかかることですが、あなたの真剣な気持ちをどうしても優先したいという気持ちが勝りましたので、今回このような保障をさせていただくことになりました。

あなたへのお約束

私、砂塚誠治は、あなたがこのプログラムを購入するに当たって、あなたに3つの約束をします。

1.まずはこの小児喘息を改善する実践プログラムをよく読んでお子様に接してみてあげてください。もし実践してから90日が経過しても、実践前となんら変化が見られない場合はメールsyounizensoku☆yahoo.co.jp(☆を@に変更してご連絡下さい。) にて返金要請後、私へご返品ください。返品する時の送料はお客様のご負担でお願い致します。

2.ご返品確認後、10日以内にあなたの口座へご購入代金をご返金させていただきます。返金要求先アドレスはsyounizensoku☆yahoo.co.jp(☆を@に変更してご連絡下さい。)で、砂塚誠治小児喘息を改善する実践プログラム事務局までお願いします

3.返金させて頂きます金額は、商品をお送りするときに私が負担させて頂きました送料の1800円、決済会社を通して商品代金を支払っていただきました時に私が負担させていただきました決済手数料の1000円をご負担願いますので、12,000円の返金になります。

4.さらに、返金保障の期間はご購入された日から180日まで可能です。実際に行っていただき、90日後から180日の間に効果を感じられない場合は、12,000円を返金させていただきます。半年間という長い期間がございますので焦らずじっくりとこのプログラムを実践してみてください。


また、たとえあなたが返金を申し出てこられたとしても、あなたは私の手紙を読み、それに共感してくれた永遠の仲間であることを誓います。

この3つの約束をあなたとすることは、正直にいうと私にとってかなりのリスクが伴います。ですが私はこのプログラムを使って一人でも多くの小児喘息のお子さんを救いたいと心から願っているため今回覚悟を決めてこの保障をつけました。これであなたは安心して実践していただけることと思います。


これであなたは心置きなくお子様と向き合うことができますよね。ぜひ、この小児喘息を改善する実践プログラムを使い、今すぐ小児喘息を改善し、幸せな人生をあゆんでください。

小児喘息を改善する実践プログラムはこちらから簡単にご購入いただけますので、どうぞ今すぐ手に入れてくださいね。





痛くありませんよ。
お子様への刺激はほんのわずかですので心配なさらずにやってあげて下さい。むしろお子様は緊張してる親の雰囲気に反応して嫌がりますので笑顔でやってあげて下さい。私が子供さんを治療するときの“禁句”を教えますね。
   ・痛くないよ・・・・痛いんだ。
   ・泣かないでね・・・泣くような事なんだ。
   ・怖くないよ・・・・怖いんだ。
   ・ハリ・・・・痛そう。
子供さんはこの4つの言葉をだすとさせてくれません。

好きな事、楽しい事を話ながらやってみて下さい。
コンコンやっつけちゃおうね~。動物園いこうね~。

それでも嫌がる時は、寝てからやってあげるといいですよ。

特別ありません。
親御さんの時間の空いた時、リラックスできる時にやってあげて下さい。

このプログラムは、小学生までのお子様をもつ親御様が対象です。

ですが、中学生、高校生にも、成人の方にも有効な方法です。

この質問の数も多いので中学生、高校生、成人の方の方法も紹介してあります。
ぜん息患者の約半数の方が10代後半に発症している事実がありますので、ぜん息に悩んでいる方は試して下さい。

10日間、毎日やっていただきます。
そこで効果がなかったら
10日間休んでまた10日間というサイクルで行なってみてください。

お子さんの症状、お薬の内容、によって違いますので、いちがいには言えないのですが、最初の10日間で症状の変化を感じる子供さんが多いと思います。

発作が起きた時が心配だと皆さんおっしゃいます。
それを理解していますので様子を見ながら量を減らして下さい。

一切ありませんので安心して下さい。薬は何も使いません。

食事はとても大事です。このプログラムにも書いてあります。
でも食事だけでは改善が少ないのが現実です。子供さんの副交感神経を興奮させない処置が前提です。





人生の折々で思い出すと思います、あなたの手でぜん息を治してくれたことを。思春期に、又自分で子供を持った時に、あなたに感謝の気持ちを抱いてくれますよ。


ぜん息が改善し、
お子さんと、ご主人と、奥さんと、おじいちゃんと、おばあちゃんと、いろいろな方々と楽しく会話が出来ている生活を想像してみて下さい。

どのような笑顔があなたからこぼれていますか?

笑顔で食卓を囲んでいますか?
家族で買い物を楽しんでますか?

間違いなく
あなたは自信を持って人生を満喫している事と思います。

笑顔の絶えない毎日を過ごしていることと思います。

そんなあなたを想像しただけでも、私はうれしくて仕方ありません。

あなたの人生の幸せに少しでもお手伝いが出来て本当に嬉しいです。

あなたに伝えたい事がありすぎて長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれて本当にありがとうございました。
どこか不思議なご縁であなたと直接お会いできる事を今からとても楽しみにしております。




追伸
こんな長文にもかかわらず
ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

私は、お子様のことで胸を痛めるお母さん方の気持ちも、お子さんの気持ちも痛いほど理解できます。

実は私も超虚弱児でした。

私の病気は、気管支拡張症で喘息も併発していました。

小学校で四年生になるまで、運動会に参加したことがありませんし、いつも来賓の人達がいるテントの中で他の生徒の演技を見ているだけの運動会でした。

そして、皆がはしゃいでる夏のプール授業には小学校6年間いちどもプールに入る事は出来ませんでした。

勉強の方も幼稚園には入園できず、小学校に入学しても一年の半分は家にいるほうが多いので皆のレベルからは当然ながら遅れてしまい授業もおもしろくなくなくなっていきました。
そしてなにより、いつも咳をしている時は、ほかのことなんてどうでもよくなるのです。咳がおさまると疲れてしまって何もする気がおきません。

学習意欲も無くなります。
たぶん、あなたのお子様も同じような気持ちだと思います。

その後、みかねた両親は私を東京都下にある国立の養護学校に入れてくれました。
そこにはいろんな病気を持った子供たちが親許を離れ、空気のいい環境のなか当時は寮とよばれていた施設で、自分で朝晩2回熱と脈をはかり食事のあとで学校に午前中だけ通い、午後は昼寝を日課にして、後は自由時間の毎日規則正しい生活と、好き嫌いを言えない食事、薄着、運動の生活を送ります。

そこに、私は約2年間在籍しなければならないほどの虚弱児でした。

小学4年で元の小学校に戻りましたが先程述べたように、プールには卒業まで入れてもらえませんでした。

勉強はかなり後れているのに集中力がなく更に取り残されていました。中学で追いつくのに大変だったことを今でも覚えています。

あなたの大切なお子さんに成績も落ちることなく楽しい学校生活を送ってほしいのです、あいつは喘息だからと遊びの輪に入れてもらえない寂しさをあじわってほしくないのです。

そんな思いからこの手紙を書かせて貰いました。

今回、
ご紹介した方法は実際に私が治療している事を書かせて頂きました。

そして、いろんな事情で来院できない方にメールで相談に応じているうちに、この方法ならば難しい技術もいらないし、だれが行っても、効果が感じられる。
しかも私のいる地域に限定せずに全国にお住まいの小児ぜん息に悩む方に、この「小児ぜん息を改善する実践プログラム」をお伝えできると思いました。

そして、今では各地から喜びと幸せの声が私のところに届きますが私のほうが言いたいのです、私を信用してありがとうございます。

これからも感謝の心を忘れず、一人でも多くのぜん息に悩む方々に、この小児ぜん息を改善する実践プログラムを伝えていきたいとおもいます。

本当にありがとうございました。

最後に、いつも寝ながら天井の木目を数えていた子は、心根のやさしい子に育ちますよ。

当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

特定商取引法に関する表示
Copyright c2010 Seiji Sunazuka All rights reserved.